WEBディレクターという仕事

WEBアクセスについての基礎知識 WEB業界で働くWEBディレクターは、クライアントからの要望に応えるサイトを作り出すために、WEBデザイナーや、WEBプログラマーなどの制作スタッフに逐一情報を伝達し、企画全体の流れを常に把握する進行管理などを担当しています。各クライアントからWEBサイト制作の発注を受けた場合の多くは、他のプロジェクトと同時進行していくため、各企画の進行状況を効率よく進ませるために進行管理をする人が必要となってきます。その仕事をするのがWEBディレクターとなります。

プロジェクトが同時進行していくうちに、制作の現場は忙しくなり混乱してしまうことも少なくありません。そうしたときに、制作途中のWEBサイトの納期が遅れてしまいそうになったり、ときにはサイトのコンテンツやデザインなどがクライアントの要望と合致せず、作り直しになってしまう事態が発生してしまうこともあります。そんな状況に陥らせないように、WEBデザイナーやWEBプログラマーなどの方々に、クライアントが求めているものを正確に伝えることによって、制作進行が滞ることがないようにする役割を持っているのがWEBディレクターです。

クライアントのニーズに応えながら、同時進行してく各プロジェクトを管理していくという、責任ある立場にあるWEBディレクターですが、無事納期に間に合い、WEBサイトがアップされた瞬間は、なんともいえない充実感とやりがいを感じることができる職業です。

Copyright (C)2019WEBアクセスについての基礎知識.All rights reserved.